ホーム

商品紹介

メンズ帽子


メンズ帽子

Mens hat


レディス傘

レディス洋品

レディス帽子

メンズ傘

メンズ洋品

メンズ帽子


お手入れ方法

帽子のお手入れムービー


お手入れ

お手入れ無しでかぶり続けていると、どうしても汗や皮脂などでシミになってしまいます。かぶられた後のケアをお勧めします。


毎日のお手入れ

1.外出先から戻られたら、帽子のホコリをブラシなどでサッとはらいましょう。
2.ぬるま湯で濡らしたタオルをきつく絞り、内側おでこに当たる部分(スベリ)部分を丁寧に拭いてください。(汗シミなどを出来にくくします)
3.その後、乾いたタオルで水気を拭き取り、全体の形を整え風通しの良いところで陰干しましょう。


シーズンオフのお手入れ

まずは洗えるかを帽子の内側についている取り扱い絵表示を見て確認しましょう。


洗える帽子の洗濯方法

1.汚れの気になる所や、内側のスベリ部分は、部分洗い用の洗剤をスプレー又は直接スポンジに塗ってたたいておきます。
2.洗い桶などに衣料用中性洗剤(無蛍光の液体洗剤が適しています)を溶かします。
3.型崩れを防ぐためにはザルを使用します。ザルに帽子をかぶせたまま、洗剤液に浸しスポンジで全体をたたくように洗います。
4.すすぎはシャワーをかけるなどして振り洗いします。数回、水を替えて繰り返し洗剤が取れたら、最後に糊剤を使用すると仕上がりがパリッとします。
5.脱水は乾いたタオルなどで水気を拭き取り、ザルにかぶせたまま風通しの良いところで陰干しします。
※家庭での洗濯が不安な方は、クリーニング専門店にお任せすることをおすすめします。


洗えない帽子のお手入れ

1.全体のホコリを丁寧に取ります。
2.ぬるま湯で濡らしたタオルをきつく絞り、気になるシミ部分等を丁寧に拭きます。(水分が多いと縮みの原因になりますのでご注意下さい)
3.裏側も丁寧に拭き、その後もう一度乾いたタオルで水分をよく拭き取りましょう。
4.全体の形を整えて、風通しの良い所で陰干しにしましょう。
5.臭いが気になる場合は、裏から繊維の臭い消し剤を吹き付けて乾燥させましょう。
※最近、アクセサリーが付いた帽子や、素材が多様化していることで洗えない帽子が増えています。洗えない帽子はこまめなお手入れが効果的です。


保管方法

型崩れしないようにタオルや柔らかい紙を詰めて、帽子箱に入れて保管します。箱がない時は通気性の良い布などに包みましょう。

出来るだけ湿気のない風通しのよい場所に保管しましょう。(ウールの帽子は防虫剤を忘れずに入れましょう)
※高温・多湿の状態で保管しますとカビの原因になります。注意しましょう。


夏素材の帽子の手入れ方法

ブレード(ひもで編んだ帽子)夏物帽子(パナマや麻などの帽子)のお手入れ
編み目の間やリボンのホコリをよくはらい、汗などの汚れは早めに、ぬるま湯を絞った布でふき取り、乾いた布でふいてから乾かします。また、手あかなどの軽い汚れは、消しゴム等でこするとよいでしょう。

帽体等のお手入れ方法
材質・形によって様々ですが、一般的にはブラッシング、または軽くたたいてホコリをはらう手入れが適しているようです。 また、ウールや絹などはベンジンでふき取ります。(輪ジミが出来る場合がありますので十分に気を付けて下さい)


冬素材の帽子の手入れ方法

フェルトの帽子
ほこりがつきやすいので、日頃からよくブラシをかけます。ブラシは“の”の字と反対方向に毛並みを整えるようにします。軽い汚れはブラッシングで簡単に落とすことができます。 また、ひどい場合は消しゴムで軽くこすっていただくか、専門クリーニング店にご相談下さい。

革の帽子
ブラシでほこりをとり、表革の汚れは消しゴムかぬるま湯の石鹸液を使って落とし、乾いてからは革用クリーナーで光沢を出します。スエード素材は生の消しゴムでこすり、金属のブラシで起毛させます。乾燥させた後に、革部分の艶が悪くなった場合は革用クリームなどでお手入れして下さい。